スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

フィラリア検査は陽性?陰性?でアドベンチャー

わが家ではフィラリアの検査は2年に1度しかやらないのですが、
今年は検査をする年です。
メロンは主治医の先生に診てもらっているので、
残りのみなさんは毎年行っている病院で検査です。
そこはアンナが帝王切開と避妊の手術を受けた病院。

到着すると、、、
人が少ない。。。
あれ?もっと人気のある病院だったんだけど
どうしたんだろう?
と、ドアを見ると「本日、院長が不在のため勤務医の診察となります」の張り紙。
なるほど。
納得。

でも採血くらいだったら院長じゃなくてもいいでしょってことで
そのまま受付へ。




エスカレーターを下ってますけど、、、
どこへいくんでしょう?
SANY2364.jpg


駅のホームですけど、
どこへいくんでしょうか?
パパはまたエラそうな態度で注意してきた駅員ともめてるし(笑)
SANY2365.jpg


しゅう「やっぱり病院でしたか。。。」
SANY2369.jpg


1年ぶりに行ったら、なんだか病院の雰囲気がガラッと変わっていました。
以前は、飄々とした院長とやる気ある看護師さんがいて
私もイメージが良かったのですが、
日曜日は院長が休みだったり、そのせいか病院が空気がだれているように
感じたり、やたら若い人が増えていて仕事が機械的だったり。。。
こちらの院長先生にはずいぶんとお世話になってきたので
この変わり様がとても悲しくもありました。
(そう言えば2年前には院長にメロンの診察もしてもらったんです。しかも無料で。)
写真はセイですが、ダッコしている看護師さんはずっとセイを見ないで
空を見つめていました。大丈夫かなこの人?

ちなみに診察してくれた女性の先生は経験は浅そうでしたが
熱心で、丁寧で真面目そうな方でした。
私の印象は◎。
複数頭を診察してもらう場合、1頭1頭がおざなりになることがあるのですが、
この先生はどの子も全力で診てくれているのがわかります。

そう考えると、看護師さんの存在って大きいんだな~と思います。
メロンを診てもらっている病院はどの方もとても感じが良くて
予約で無理を言っても、どうにか時間を合わせてくれようと努力してくれたり
診察中も犬から目を離したりはしません。
SANY2370.jpg


メロン「セイ君、大丈夫かな?」
この日のメロンは付き添いなので、気楽なものです(笑)
本人もそれがわかっているのか、1人だけテンションが高かったです。
SANY2372.jpg


いや~終わった終わった。
検査の結果、全員陰性でした。
去年は、私がサボって2ヶ月に1度くらいしか投薬をしなかったのですが、
大丈夫でした。
まあウチは7階だし、そんなに蚊もいないんでしょう。
SANY2376.jpg


帰りは六本木ヒルズの「MOTOYAMA MILK BAR」でランチを食べて帰りました。
こちら北海道の本山牧場が経営するカフェだそうです。
すべてのランチメニューにミニソフトクリームがついてます!
SANY2380.jpg


私が頼んだのは「ジャガイモのドライカレー」
味は良かったけど、大食漢の私にとっては量が少な過ぎ。。。
さすが六本木ヒルズ、
量もお上品です(笑)
ソフトクリームは濃厚なミルクの味と香りが口に広がって
もう口の中がトロけてしまいそうでした。
SANY2384.jpg


牛のオブジェの前で。
なぜかメロンがハイテンション。
この後出会ったビションちゃんと遊び、
SANY2387.jpg


ブラピと記念撮影をしてかえりました(笑)
SANY2390.jpg


と普段でしたら、ここで終わるのですが、、、
この日はバルサンをする日でした。
前日に準備はほとんど済んでいたんで、
残りの荷物を別の部屋に移しスタンバイOK!
ビニールでキッチンを覆ってしまい、
キッチンだけを重点的にバルサンしました。
SANY2392.jpg


その間の2時間は、散歩して遊んだり、
SANY2393.jpg


スタバのテラスでノンビリして過ごしました。
スタバでは先日散歩途中に会ったゴールデンちゃんと
飼い主のお若いカップル?ご夫婦?とご一緒しました。
ゴールデンちゃんと遊んだり、奥様?がアンナをとても気に入って
ずっとダッコしてくれたり、他の子とも遊んでくれたので
あっという間に2時間が過ぎました。
奥様?はダッコできる小さな子が欲しいようです。
大きな子と小さな子の多頭飼いってどうなんでしょうね。
ゴールデン君はとても繊細で甘えん坊さんでした。
SANY2395.jpg

さ、明日の朝食は、フィラリア薬入りだよ(笑)
スポンサーサイト

Tag:未分類  comment:10 

Comment

シュウ URL|みみさん
#- 2009.06.16 Tue17:01
本当に不思議な事です。
東京は医療技術の水準は他の土地よりも遥かに高いでしょうし、
病院の数も多いのですが、私からすると一番大切な
ハートの部分を置き去りにした病院が多いように感じます。
横浜の病院はメロンの事でさるんばママさんからご紹介いただき、
それ以来お世話になっているのですが、こちらの先生はお若いのに
本当に気持ちの良い方です。とにかく一生懸命さが伝わって
くるのです。もちろん診察についても信頼がおけます。
(ひねくれ者の私が言うくらいですから、本当に良い先生なのです)

これでも私は東京の病院をいろいろ通いました。
10カ所以上は通ったと思います。
技術的に疑問があったり、人間性に疑問を感じたり、こちらの
経済的に通いきれなかったりと、いろいろな事がありました。
その中で、私的に残った病院だったので、この度の変わり様には
本当に落胆しています。

私は赤坂在住ですので、私の家の近所にはネットなどで見ると
名医として扱われている病院が、いくつかあります。
私もそうした病院に行った事がありますが、
とにかく目が飛び出るほど診察料が高いし、医者や看護師の
対応にも疑問がありました。とても優しくてイイ感じなのですが、
おそらく金持ちの客が多いのでしょう。
そうした人たちって医師にすべておまかせなんでしょうね。
私は私なりに勉強していますので、何気ない事を質問してみたり
すると、物凄い勢いで専門的な話を展開していきます。
「どうせわからないだろう」というのが、見え見えの態度でした。
『なんで高い金払って嫌な思いをしなければいけないんだ』と思い、
それ以来この周辺の病院には問い合わせもしなくなりました。


はっ!すみません。(やっと気づいた)
愚痴になってしまいました!!
申し訳ありません。

ということで、未だ都内のホームドクターにたどり着いていない
私はセイのヒザの診察で、ファーファちゃんも通ってらっしゃる
同じ病院に行ってみるつもりでおります。
なんといっても、私の憧れの病院です。
今からちょっと緊張しています。
みみ URL|都会ならではの悩み
#bUTxrzys Edit  2009.06.16 Tue13:57
何でも揃うし、最先端の設備が整っているはずの都会のど真ん中なのに、動物病院に関してはわざわざ郊外まで出向かなくては気に行った所が無いなんて・・・
私はレーシック手術のために新宿まで行ったし、周りの人の話を聞いても時間とお金をかけて都内に出向いているのにワンコは逆なんて、なんとなく皮肉な感じですね。

それはさておき、検査結果が陰性で良かったです!
やはり大丈夫なはずだけど・・・、の「・・・」が確認とれるまでは心配ですもの。
都会の高層階なら大丈夫かもしれませんが、私は昔飼っていたマルチーズがフィラリアで亡くなったこともあり、蚊に対してはついナーバスになってしまいます。
憎い蚊!! 最近、私が年と共に刺されなくなっている分(肌が分厚くなったのか、血がまずくなったのか?!)、ファーファに標的を変えたら困るので、うちでは5~12月が塗布期間です(レボリューションに変えたので、内服ではなくなりました)。

最後のお写真、「明日の朝食は、フィラリア投薬入り」と言われてアンナちゃんがまるで喜んでいるみたいに見えますね~^m^
チュアブルタイプのお薬は美味しいらしくて、好きというワンコが多いですね。
シュウ URL|チロmamaさん
#- 2009.06.10 Wed16:15
1ヶ月ってあっという間に過ぎてしまうので、
ついつい投薬を忘れがちです。
でも飼い主だったら、大丈夫か大丈夫ではないか
くらいの判断はつくと思っていますので、
さほど神経質にならなくてもいいと思っているんですけどね。
どうも犬に関する事って、製薬会社主導で製薬会社がつくった
ルールが多いように感じます。
フィラリア薬についても毎月投薬する必要があるのかどうかに
ついては、常々疑問に感じているのですよ。
私は基本的に薬は毒だと思っているので、ワクチンの種類も含めて
なるべく量を減らす方が、犬の健康のためではないかと
思っています。

チロmamaさんはm信頼できる病院にたどり着いたのですね。
私も今回の病院は「ようやくたどり着いた~」と思っていただけに
とても残念な気分でいっぱいです。
おっしゃる通り我々飼い主は「病院の真剣度」をみています。
特に専門医ではなく、ホームドクターこそ技術よりも真剣度が
必要だと思うのです。技術はもちろん必要ですが、やはり情熱を
感じなければ、こちらも信頼できないし、良い関係は築けないと
思うのです。治療に関してはこちらは素人ですからわからない事が
ほとんどですが、悲しい事に真剣度は医療知識がなくても
言動で伝わってしまうんですよね。

セイは今まで必要以上に通院したことがないので
病院と言う意識があまりないと思います。
病院嫌いなのは、モコとアンナです。
モコもアンナも診察台の上ではブルブル震えています。
メロンは、付き添いと言う気楽さがあったとは思いますが
病院には人がいっぱいいて自分をかまってくれる事が
嬉しいんだと思います。
チロちゃんは付き添いでも固まってしまうんですね~。
それはそれで可愛いでしょうね!



シュウ URL|キララままさん
#- 2009.06.10 Wed10:23
フィラリアに関しては、私もかなりアバウトです。
薬の効能も1ヶ月できっちり切れる訳ではないでしょうし、
最近の薬はとても良く出来ているので、ちょっと間が空いても
問題はまったくないと思っています。(あくまで個人的な意見)
河川敷とかそんな蚊だらけの所に住んでいる訳でもないですからね。
と、自分に言い聞かせています(笑)
でもいざ検査するとなると、緊張しますよね!

今回メロンはファラリア以外の血液検査もしましたが、
しゅうとアンナについては6歳になりますから
今年中に一度検査をしてあげようと思っています。
今回ついでにやれば良かったんでしょうが、
お金がありませんでした(悲)

病院については、キララままさんやMIYU&NICOママさんの
お話がよくわかります。
今回の病院もかつてはお二方の通ってらっしゃるような
良い病院でした。
幸い嫌な思いはしていませんが、かつての病院の雰囲気を
知っている人間としては「悪く変わってしまった」という
残念な気持ちです。
変わってしまった理由は、何となく私なりに察してはいます。
結局院長の教育の問題なんだと思います。
彼の変わり様が、病院の空気を変えてしまった要因なのだと
私なりに理解しています。

一方でメロンを診てもらっている病院はとてもみなさん対応も
良いし、病院の雰囲気も良いです。
先生もお若いですが、前向きでテキパキされていますし、
私は本当に信頼しています。
ただ、、、、、
遠い。。。。
緊急の事を考えると、近場で信頼できる病院が1カ所
欲しい所です。
わが家から歩いて5分ほどの所には、横浜の病院の院長先生と
大学で同期だった先生がいる病院があります。
こちらの先生の診察は、的確で信頼が出来るのですが、
看護婦さんの態度が??????と
?マークが10個くらいついてしまいそうな人です。
だから軽症や急を要する病気の時は行きますが、
それ以外は行く気になれません。
また(東京での)新しいホームドクターを探さなければいけない
ので今からリサーチが大変です。

ワンコと私のレンズを通した距離感を褒めていただいて
ありがとうございます。
巷には[ペットカメラマン]と名乗る人がいますが、
そんな職業ってないと私は思っています。
上手い下手ではなくて、わが子のペットカメラマンは
飼い主であれば良いのだと思うのです。
キララままさんこそ立派な、「わが子カメラマン」ですよ。


チロmama URL
#- 2009.06.10 Wed02:49
フィラリア検査、みんな陰性で安心できましたね。
シュウさんちは、2年に1回なんですね。
うちは、去年初めてやりました。
で、今年は、お願いするのを忘れてしまいました(汗)
毎年、4月から12月まで、薬を投与するんですけど、忘れちゃう月がかなり多いです。
うちの方は温泉場が多いので、1年中投与する子もいるみたいなんですよ。

病院って、暫く行かないと雰囲気が変わってますよね。
今まで、いろんな病院に行ったけど、今の病院が1番いいです。
女の先生1人と看護婦さん数人の小さな病院なんですけど、いつも、患者さんで賑わってます(←言い方おかしいですよね?)
病院って、先生と看護婦さんが、どんだけ真剣に診て、説明してるかってのが、肝心ですよね。

メロンちゃん、終始いい笑顔ですね。
やっぱり、付き添いだと気分が違うんでしょうか?
メロンちゃんは、病院でもテンション高かったんですね。
うちのチロは、付き添いで病院行ったら、付き添いのくせに、恐怖で腰を抜かして動けなくなりましたよ(笑)(←うんpポーズで固まっちゃった)
セイくんは、病院嫌いなんですか?
シュウ URL|ロビンママさん
#- 2009.06.09 Tue21:28
ホントにおっしゃる通り、
そもそもフィラリアはとても怖い病気だったんですよね。
日本は蚊が多いですからね。
蚊から感染するといえば、テレビディレクターをしている私の知人が
アフリカにロケに行った時に、マラリアに感染してしまった
そうです。私も知らなかったんですが、マラリアって現状では
不治の病なんですね。知人は、急きょロケに帯同することに
なったので、予防接種をしなかったそうなんです。
彼は一生ずっと治療のために通院しなければいけないそうです。
そう考えると「蚊」って怖いです。

気をつけていかなければ!!

キララまま URL|動物病院
#- 2009.06.09 Tue20:38
みんな、フィラリア陰性でよかったですね!
フィラリア予防薬、わたしもけっこうアバウトなんで
すよ。「今月、与えるの忘れちゃった」なんて月も
ありましたし、まとめ買いをしていないので、二ヶ月
に一度なんて時もありましたよッ(汗)
結果が陰性とわかると、ホッとしますね。

かかりつけの病院の雰囲気が変わってしまったのですね
院長先生もそうですが、看護師さん、看護婦さん、
受付も含めて、確かに「人」で、大きく左右されます
よね。我が家の病院は、MIYU&NICOママさん家と同じ
く、院長先生以下、若い獣医さんが数人いて、修行
に向けての入れ替わりが激しいです。それが、嫌だと
おっしゃる方もいますが、私も嫌な思いはしたことが
ありません。

メロンちゃんが診てもらっている病院は、横浜でした
ね!看護師さんはじめ、感じが好くて、それが一番
飼い主もそうですが、ワンにとっても安心ですね。
メロンちゃん。本当にハイテンションで大口あけて
笑っています。みんなのイメージカラー服。とても
可愛いですv-218シュウファミリーは、
この都会のド・真ん中も、緑の中も、砂浜も、ブラピ
がバックの一枚も、本当に絵になっています。
カメラを持って、レンズを通して見つめているシュウ
さんの、気持ちが伝わって、こんな素敵な表情を見せて
くれるのだと思います。


ロビンママ URL|良かった
#- 2009.06.09 Tue20:04
昔はフィラリアで亡くなるわんこがたくさんいたものですが、今はいいお薬ができて、めったにそんな話は聞かなくなりましたよね。
ほんと、うれしい!!
シュウ URL|MIYU&NICOママさん
#- 2009.06.09 Tue02:13
たしかに、検査となると結果が出るまで不安です。
でも、そんなに蚊の大群の中で暮らしている訳ではない
と思っているので、真夏以外の投薬は
わが家ではけっこうアバウトなんですよ(笑)
だから一般的なご家庭とは違うと思うのですが、
大体6月くらいから11月くらいまで投薬を続けます。
必要以上の薬や注射は、逆に犬の健康のためにならない
というのが私の信念なので、普段暮らしている中で
蚊の発生状況をみて終わる月を決めますね。
ちなみに今回の病院では7ヶ月分を買うと1ヶ月分おまけを
してくれるので、
「7ヶ月は飲みなさい」ってことなんだと思います。

病院の事。
おっしゃる通り、「人」で決まるんだと思います。
今回の病院もかつては、
「この人は信頼できる」と思った看護師さんがいて、
院長の飄々とした感じが、またキャラクターとして良くて
通っていたのですが、2年前くらいから病院の雰囲気も
変わってしまい、それからはフィラリアの時だけ行く事に
しました。今回最もビックリしたのは誰も私が知っているスタッフが
いなくなっていたことです。
「一体どうしたの??」って思いました。
院長の教え。
大切です。
また新しい病院探しをしなければいけないと思いました。
ちょっと悲しい日でした。
MIYU&NICOママ URL|
#- 2009.06.08 Mon20:52
フィラリアの検査、大丈夫とわかっていても検査結果が出るまで一抹の不安はありますよね。みんな揃って陰性でよかったです。
5頭分だとフィラリア代も大変ですね。都内の場合もやはり8か月くらい飲むのですか?

六本木ヒルズで我が家の庭のように闊歩するシュウ家の面々、正真正銘の都会犬です。
ブラピがバックの写真、すごく絵になっています。さすが~

我が家の動物病院も、院長先生以下、若い獣医さんが5~6人いるのですが、その先生達は開業に向けて修行で勤めているので入れ替わりが激しいです。でも院長先生の教えがいいのか、嫌な思いをしたことがありません。
どんなに時代が進んでも、とどのつまりは「人」で決まるのですよね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

シュウパパ

Author:シュウパパ
使用機材:OLYMPUS PEN
     Nikon D200
     SANYO Xacti
     OLYMPUS μ-TOUGH
     
使用車両:TOYOTA  シエンタ
      VespaET-3
     Bianchi Fretta
     SYM UMI100
     Panasonic ViVi DX スペシャルデザイン

使用PC:MacBook

ゆかいな家族たち
アンナ(和名:安奈)  生年月日:2003年11月20日  出身地:熊本県  種族:チワワ×マルチーズMix  職業:リーダー  続柄:セイの妻 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ しゅう(和名:修)  生年月日:2003年5月2日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:シュウの相棒  続柄:セイ、モコの父 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ モコ(和名:萌子)  生年月日:2004年7月12日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:アイドル  続柄:しゅうの娘 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ セイ(和名:聖)  生年月日:2004年7月12日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:用心棒  続柄:しゅうの息子 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ メロン(和名:舐瓜)  編入日:2007年5月1日  出身地:大阪府  種族:ボロニーズ  職業:みんなの希望  続柄:新家族  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ <実家の面々> ピノ   生年月日  出身地:静岡県  種族:元ミニチュアダックス(現在9キロ)  職業:癒し犬、いちおうリーダー          チャオ  生年月日:2005年4月17日  出身地:東京都  種族:ボロニーズ×チワワ×マルチーズ  職業:男前  続柄:セイ×アンナの次男      ペック  生年月日:2005年4月17日  出身地:東京都  種族:ボロニーズ×チワワ×マルチーズ  職業:実家のアイドル  続柄:セイ×アンナの三男
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。