スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ペットフェア、その後

帰りの電車は乗り換えを間違える事もなくスムーズに帰る事ができました。
某駅で下車し、自宅へ向かって歩いていると、たま~に会う犬集団と遭遇。
たっぷりと犬同士で遊びました。
ほとんどドッグラン状態でした。
DSC_0068.jpg


さ、夕食の支度、支度。
レバー、お野菜を煮込み、
SANY2285.jpg


新しく買ったミキサーにいれたら
SANY2286.jpg


レバーごはんの完成!
SANY2290.jpg


食事の後は、みなさん大バクスイ。
ちょっと、アンナ隊長!
はしたないですよ!
DSC_0003_20090331102458.jpg


アンナ「そんなことより、眠いのよ~」
DSC_0006.jpg


スポンサーサイト

Tag:犬イベント  Trackback:0 comment:8 

ジャパンペットフェア2009でアドベンチャー

ついに行ってきました~。
「祝・初ペットフェア」☜めでたいので赤字
今まで他の方でブログで拝見していて、行きたいと思いつつ、毎年気がつくと
日程が過ぎてしまい、また他の方のブログで指をくわえて見るしかなかった、、、
その「ジャパンペットフェア」についに行ってきたのです!
↑喜びのあまりちょっと大げさ。
場所はパシフィコ横浜。
行った事はありませんが、事前にネットで調べてから行きました。

しかし!!

セイ『パパは乗り換えを間違えました』
そう。
1時間もかからないはずだったのに、私が乗り換えを間違えてしまったため
1時間以上も電車に乗る事に。
DSC_0017.jpg


ようやくたどりついた『パシフィコ横浜』
ちなみに写真で見えている人のほとんどがペット連れです。
(ちなみにコッチ向いているのはメロンです)
DSC_0019.jpg


自動発券機で入場料1500円を購入し、
ペットの排泄物にかんする誓約書みたいなのを記入して
いざ入場です。
DSC_0021.jpg


入るといきなり小動物、鳥ブースがあり
なんとフラミンゴがいました。
ご苦労さん。
DSC_0051.jpg


想像よりも場内はこじんまりとしていましたが、押し合うように大小様々な
ブースがひしめきあっています。
ほとんどがワンコ連れのお客さんでしたが、中にはニャンコやフェレット連れの方も
いらっしゃいました。
なにより驚いたのは皆さんペットカートをお使いの方が多くて、しかもまるでカートの
博覧会のようにいろいろな種類を使ってらっしゃいました。
その中でも、いつも私がボロカスに言っているわが家のカート(ピッコロカーネ)を
使っている方が多かったように感じました。
ワンコは勝負服のように(笑)高そうな服を着てました。
(しまった、ウチはみんな裸だった)
Mr.MACの超高級ペットカートをお使いの方もいました!

極小、小、中、大型と犬種もさまざま。
まるで犬の図鑑のようにいろんなワンコがいました。
正直、大きな子を連れている方も多かったし、ウチよりもいっぱい連れているご家庭も
何組かいたので、さすがに目立たないだろうと思っていたのですが。
大甘でした。

カートから乗り出すように前のめりになる白い4頭のワンコたち+ハンモックバッグの
1頭の注目度は想像以上でした。
通路を通る時、みんながこちらを見て行く。。。
『写真撮ってもいいですか?』とちょくちょく言われ、
業者の人たちにまで大人気。
ちょっと恥ずかしいけど、みんな犬好きな人だからこちらも歓迎。
いつも私が敵意を持つ散歩途中の無責任な通行人ではないので、
私の気分も穏やかでいられます。
写真撮影にも積極的に協力してあげました。

会場に行って知ったのですが、ペットフェアって至る所でサンプルの配布をするんですね。
大きなブースでは時間を決めていたり、小さなブースでは突然配布しはじめたり。
だんだんそれをもらうゲームのような感覚になって面白かったです。

サンプル配布の応対も、ブースによって様々でした。
日雇いのやる気のない姉ちゃんたちが単なる仕事としてやっているブースは機械的で
犬を見ても何の反応も感動もなく、淡々としていました。
まるでドッグカフェなのに、犬を見てもなんの反応もない店員のようでした。
(犬好きでもないのにドッグカフェの店員をしているのは都内では珍しくない)

一方で、同じコンパニオンでも犬好きなお姉さん(☜もちろん、こちらの対応も変わる)が
いるブースでは『可愛い、かわいい』の大合唱。
サンプルは抽選なのでもらえなかったけど、美味しそうなオヤツをたっぷりと
食べさせてもらいました。

『ありがとう。PETIOさん』


ほとんどが、ワンコ好きでシュウファミリーに感動して大歓迎してくれる
ブースが多かったです。
その場合は、頭数分サンプルをくれるんですよ。
とてもラッキーでした。


いっぱいサンプルをくれた企業様。
せめて感謝の意を。


『いなばペットフード』さん
DSC_0028.jpg


『ペットライン』さん
DSC_0030_20090330110316.jpg


『サンライズ』さん
DSC_0044.jpg

DSC_0046.jpg


『ペットの牛乳』さん
DSC_0056.jpg


そして最もよくして下さったのが
愛思克さん
こちらニャンコのおもちゃやワンコのオヤツなどを販売されている会社です。
小学生かな?可愛らしいお嬢さん2人が出迎えてくれました。
ちっちゃい方のお嬢さんが特にシュウファミリーを気に入ってくれたようで
ホントにいっぱいオヤツを食べさせてくれました。
更にお土産もいっぱいもらいました。
DSC_0040.jpg

ちっちゃいお嬢さんに気に入られたアンナ隊長は、、、
DSC_0042.jpg

特別にニャンコの遊具で遊ばせてもらいました。
DSC_0043.jpg


会場の一角では、『ドッグイベントクラブ』主催のタイムトライアルが
行われていました。
とっても参加したかったけど、今回はやめときました。
何故ならみんな早そうな犬種ばかりだったので、ウチの短足犬では
出て行くのすらはばかれる気がしたのです。
DSC_0048.jpg


フードショップも大盛況。
ホントは佐世保バーガー(¥1000)を食べたかったけど、
長い行列な上、売り場が狭いのでカートが入っていくことができず諦めました。
DSC_0049.jpg

んで結局食べたのが『みなとみらい駅』構内にあった
ドトールのジャーマンドッグでした。
DSC_0058.jpg

本日の戦利品。
これで入場料1500円だったらお得です。
(ちなみに前売りなら1000円)
嬉しいけどペットの牛乳3Lはちょっと重かった(笑)

SANY2293.jpg

しゅうも大満足。
SANY2294.jpg


正直1時間程で帰ろうとしていたのですが、結果3時間滞在していました(笑)
思ったより、すごく楽しかったです。
ぜひまた行きたいと思いました。


《この日の出費》
交通費       ¥1580
入場料       ¥1500
盲導犬協会への寄付 ¥1000
昼食        ¥ 450

合計        ¥4530 

出費以上の楽しさがあって大満足な1日でした。

Tag:犬イベント  Trackback:0 comment:9 

プロフィール

シュウパパ

Author:シュウパパ
使用機材:OLYMPUS PEN
     Nikon D200
     SANYO Xacti
     OLYMPUS μ-TOUGH
     
使用車両:TOYOTA  シエンタ
      VespaET-3
     Bianchi Fretta
     SYM UMI100
     Panasonic ViVi DX スペシャルデザイン

使用PC:MacBook

ゆかいな家族たち
アンナ(和名:安奈)  生年月日:2003年11月20日  出身地:熊本県  種族:チワワ×マルチーズMix  職業:リーダー  続柄:セイの妻 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ しゅう(和名:修)  生年月日:2003年5月2日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:シュウの相棒  続柄:セイ、モコの父 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ モコ(和名:萌子)  生年月日:2004年7月12日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:アイドル  続柄:しゅうの娘 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ セイ(和名:聖)  生年月日:2004年7月12日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:用心棒  続柄:しゅうの息子 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ メロン(和名:舐瓜)  編入日:2007年5月1日  出身地:大阪府  種族:ボロニーズ  職業:みんなの希望  続柄:新家族  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ <実家の面々> ピノ   生年月日  出身地:静岡県  種族:元ミニチュアダックス(現在9キロ)  職業:癒し犬、いちおうリーダー          チャオ  生年月日:2005年4月17日  出身地:東京都  種族:ボロニーズ×チワワ×マルチーズ  職業:男前  続柄:セイ×アンナの次男      ペック  生年月日:2005年4月17日  出身地:東京都  種族:ボロニーズ×チワワ×マルチーズ  職業:実家のアイドル  続柄:セイ×アンナの三男
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。