スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

岩手旅行記 其の七 〜廃墟・松尾鉱山〜

明けて最終日。
最後の目的地である場所にやってきました。
「松尾鉱山跡」

かつて硫黄などの採掘のために松尾鉱山には
人が集められ、その人たちが暮らす公団住宅が作られ、多い時には1万人超の人が
暮らしていたそうです。
その後硫黄の需要が減少するなどして閉山したそうです。
後に廃坑から出るヒ素を含む強酸性の有毒な排水が周辺の北上川や土壌や生態系に
悪影響を及ぼし、中和施設が現在も稼働しています。
また最盛期には朝鮮人労働者が投入されたということで
朝鮮人に対して差別的な時代背景を考えると、
彼らの労働の過酷さ生活環境など待遇の劣悪さが想像できます。


ここは前にも書いた事のある「ヘヴンズストーリー」という映画で知りました。
映画を見ていた時は日本と思えなかったのですが、
後から調べてみると、ロケ地がこちらだとわかりました。
とても印象的で「一度行ってみたい」とその時から思っていたのです。

宿から車で30分ほど。
松尾鉱山の入り口はまず公衆トイレで
当時の写真のパネルが展示されているので
そこで当時のことを勉強します。
(宿のおばちゃんに紹介されました)
トイレの対面にある神社周辺をお散歩しました。
P7092409.jpg

遊歩道になっていて1時間ほどで歩けるようですが
時間がなかったのでパス。
P7092410.jpg


さてコチラが主題の「松尾鉱山」です。
実際に気温が低かった事もあるのですが
なにか悪寒のようなものを感じました。
P7092423.jpg

それが冷気だったのか、霊気だったのかわかりませんが、
ただならぬ空気であった事は確かです。
P7092470.jpg

ワンコにはそんなこと関係ないよね。
P7092428.jpg

セイの笑顔と廃墟の曇天のギャップがすごいですね。
P7092429.jpg

みんなそれぞれに散歩を楽しんでおりました。
P7092454.jpg

近寄ろうと思ったのですが、草木が生い茂っていて
とても建物に近づく事ができません。
P7092456.jpg

松尾鉱山のすぐ近くにはこんなところも。
学習院八幡平校舎跡地。
P7092481.jpg

青々と茂った芝が綺麗な広場になっていました。
P7092484.jpg

ノビノビと遊べるのは、ここが最後だから
のんびりしてください。
ここから先は帰る準備にはいるよ〜。
P7092508.jpg

そんなこんなで盛岡駅に向かいました。
松尾鉱山に続くアスピーラインという道で
キツネに出会いました。
ひどくやせ細っていたので、パンをあげてしまいました。
あんまり良くないと思うんですけど。
P7092517.jpg


さあ、そんなこんなで
一路、盛岡へ!!



にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:岩手 

岩手旅行記 其の六 〜斉藤ミニミニ牧場〜

本当に宿泊地には最後まで悩まされました。
犬連れキャンピングカーの皆様のブログをよく拝見しておりますが
たしかにキャンピングカーじゃないと犬旅は難しいですね。
キャンプ場でも犬NGと言われてしまったら打つ手がありません。
岩手も八幡平辺りの高原には犬OKペンションもあるにはあるのですが
ホームページで規約を読むと2頭まで。
万策尽きたと思いかけた時にネットでこちらの宿に出会いました。


斉藤ミニミニ牧場

シンプルなホームページですが、
とにかく犬や猫や羊を飼っていて、
宿はペットOKということはわかります。
予約のをした時に状況を言うと快くOKと言っていただきました。
P7092385.jpg

ご夫婦が地道に営んでいる民宿でした。
P7092384.jpg

田舎のおばあちゃん家に来たみたい。
P7092386.jpg

室内もこの通り、シンプルですが清潔で使いやすい間取り。
P7092404.jpg

着いてしばらくは落ち着かなかったのですが
暑さとロングドライブと長旅の疲れが一気に出たようで
ワンコさんたちも皆さんウトウト。
P7092405.jpg

とにかく車が来ないので、のんびりと車道を散歩させてもらいました。
P7092389.jpg

宿の敷地内だとウンチも取らなくていいと言われました。
いちおう取りましたけどね。
P7092391.jpg

宿で飼っているニャンコもスローな動きで道をウロウロしてました。
それにしても交通量が少ないとはいえよく事故にあわないものだ。
P7092399.jpg

ちなみに1泊2食で1人6500円。
食事は家庭料理でしたが、美味しくてボリュームもたっぷりで大満足でした。
P7092402.jpg

こちらは八幡平の岩手側にあります。
高原の中の集落です。
宿の周りは街灯もほとんどないし、自然の中にあるので虫も多いです。
部屋にアリとか羽虫も侵入して来ました。
高級な宿をお求めの方には不向きな宿です。
でも田舎のベテランご夫婦がアットホームに迎えてくれますし、
お二人とも動物がお好きだそうです。
さすがに犬5匹は初めて、と言われました(笑)
少し前にシーズーが天に還ったとのことですが
16歳まで生きたそうです。
冬は厳しいのでしょうけど、自然の中でのんびり暮らしているからこそ
長く生きる事ができたのでしょう。

とっても優しいご夫婦が営む、
犬とともに素敵な時間を過ごす事のできる宿でした。



にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

Tag:岩手 

岩手旅行記 其の五 〜小岩井農場まきば園〜

冷麺を食べた後にやってきたのが
『小岩井農場』
そう、コンビニの牛乳、コーヒー牛乳、ヨーグルトなどでおなじみの
小岩井牧場の中にある観光牧場です。
犬も入場OKですが、犬連れは入れる場所が限定されます。
とにかく広い敷地ですので、気分的に爽快感があります。
ただし、この日は快晴だったので、園内を歩き回るには、ちと暑かったです。
犬も暑さでバテ気味でした。
P7082313.jpg

広くて素晴らしい広場、
犬を放して遊ばせてあげたくなりますが、ここは我慢。
P7082344_20120719100106.jpg

ボケーッと景色を眺めていたい。
P7082317.jpg

園の中にはこんな林道もありました。
森林散歩ができるようになっているのです。
園内は多くの人でにぎわっていたのですが
この森林には誰もいませんでした。
P7082320.jpg

おかげでここで犬たちの休息を取る事ができました。
森林のおかげで直射日光がなくて涼しくて
休むにはちょうどよい場所でした。
P7082321.jpg


けっこうシャレにならない日差しだったから
いい場所があって良かったね。
P7082324.jpg


この後、飼い主たちはアーチェリー、乗馬を楽しんだのでした。
P7082328.jpg

最後にジェラートショップで
P7082349.jpg

ソフトクリームを食べました。
ちなみにコチラ、ソフトクリームonヨーグルト
ソフトとヨーグルトをいっぺんに楽しめます。
とっても美味しかったです。
P7082361.jpg

Tag:岩手 

岩手旅行記番外編2 盛岡冷麺

涼しかった高原の龍泉洞から一転して
盛岡の中心部は、強い日差しと高い気温で暑かったです。

実は昨夜の岩泉町で焼肉屋に入ろうとしていたのですが
前述の「龍コンの悲劇」により、まともな夕食にはありつけなかったので
我々の頭には「肉」しかありませんでした。

事前に調べておいた
肉の米内

P7082379.jpg

ランチメニューだった塩タン定食
P7082376.jpg


そしてこちらが「盛岡冷麺」
盛岡冷麺は、韓国の物より麺がもちもちしていて
スープも出汁も利いているように感じました。
とても美味しかったです!!
P7082377.jpg



Tag:岩手 

岩手旅行記 其の四 〜龍泉洞から盛岡へ〜

7月8日(日)
気象庁の予報は大はずれで、朝から快晴でした。
P7082185.jpg

早くから目が覚めたので朝からお散歩です。
P7082193.jpg

昨日も来た広場でみんな走り回っていました。
P7082194.jpg

ちなみにこの写真、
しゅうのシッポに噛み付くセイと
セイと一緒にしゅうを追いかけ回していたのに
私を見た途端コチラに目標を変えて突進しようとしているモコです。
P7082207_2.jpg

セイ
P7082209.jpg

モコ
P7082213.jpg

メロン
P7082216.jpg

しゅう
P7082217.jpg
みんな遊び回って疲れていました。
この後、バンガローに戻って犬たちの朝食です。


さて、旅行村を後にしたわれわれは
旅の目的のひとつ「龍泉洞」にやってきました。
犬は立ち入り禁止なので、車で待機。
P7082220.jpg

「龍泉洞」とは
「秋芳洞(秋田)」「龍河洞(高知)」と並ぶ「日本三大鍾乳洞」のひとつ
調査がストップしているため実際の大きさは未だに解明されていない大きな地底湖ですが
その分人の手に荒らされていないため、神秘性と水の美しさが損なわれていない鍾乳洞です。
P7082224.jpg

観光コースとしての鍾乳洞は一時間ほどで1周できます。
P7082230.jpg

中はかなりアップダウンがあって
途中の階段の上りはかなりキツかったです。
さらに階段の上はけっこうな高さがあって、高所恐怖症の私は下を見る事ができませんでした。
P7082238.jpg



さて、龍泉洞を出た我々は岩泉のスーパーで朝食のパンを買い込み
再び車を走らせます。
しばらくしてたどり着いたのがコチラ
「道の駅三田貝分校」
実際に学校として使用されていた建物をそのまま道の駅として使用しているそうで
「学校」をコンセプトとした道の駅でした。
フードコーナーが給食室になっていたりしました。
P7082288.jpg

さ、トイレタイム。
長旅の時はコマメにトイレタイムをとるのがポイントです。
P7082278.jpg

さあ盛岡へ向けて出発だ!!
P7082283.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

Tag:岩手 

プロフィール

シュウパパ

Author:シュウパパ
使用機材:OLYMPUS PEN
     Nikon D200
     SANYO Xacti
     OLYMPUS μ-TOUGH
     
使用車両:TOYOTA  シエンタ
      VespaET-3
     Bianchi Fretta
     SYM UMI100
     Panasonic ViVi DX スペシャルデザイン

使用PC:MacBook

ゆかいな家族たち
アンナ(和名:安奈)  生年月日:2003年11月20日  出身地:熊本県  種族:チワワ×マルチーズMix  職業:リーダー  続柄:セイの妻 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ しゅう(和名:修)  生年月日:2003年5月2日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:シュウの相棒  続柄:セイ、モコの父 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ モコ(和名:萌子)  生年月日:2004年7月12日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:アイドル  続柄:しゅうの娘 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ セイ(和名:聖)  生年月日:2004年7月12日  出身地:千葉県  種族:ボロニーズ  職業:用心棒  続柄:しゅうの息子 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ メロン(和名:舐瓜)  編入日:2007年5月1日  出身地:大阪府  種族:ボロニーズ  職業:みんなの希望  続柄:新家族  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ <実家の面々> ピノ   生年月日  出身地:静岡県  種族:元ミニチュアダックス(現在9キロ)  職業:癒し犬、いちおうリーダー          チャオ  生年月日:2005年4月17日  出身地:東京都  種族:ボロニーズ×チワワ×マルチーズ  職業:男前  続柄:セイ×アンナの次男      ペック  生年月日:2005年4月17日  出身地:東京都  種族:ボロニーズ×チワワ×マルチーズ  職業:実家のアイドル  続柄:セイ×アンナの三男
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。